コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺鼓/揩鼓 スリツヅミ

デジタル大辞泉の解説

すり‐つづみ【×摺鼓/×揩鼓】

古代の雅楽打楽器。インド起源で、奈良時代に中国から渡来。胴の両端に革面をつけ、革ひもで締めたもの。左手で支え、右手の指で革面をはじいたり、こすったりして鳴らした。揩鼓(かいこ)。答臘鼓(とうろうこ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

摺鼓/揩鼓の関連キーワードスリ古代