信西古楽図(読み)しんぜいこがくず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信西古楽図
しんぜいこがくず

日本音楽,芸能の文献。原題は『ぶ図』。「以少納言入道信西本追加入之別記」と記されているため,信西入道すなわち藤原通憲 (みちのり) 原著とされ,『信西入道古楽図』などと通称。宝徳1 (1449) 年奥付本が伝存。舞楽図,楽器演奏,および散楽図などを収め,奈良~平安時代初期の楽制を類推するのに貴重な資料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

信西古楽図【しんぜいこがくず】

古代楽舞の図絵。1巻。成立年代不詳。信西入道の本の存在を示す注記があることから〈信西〉の名を冠して通称されているが,正称や作者は不明。楽器演奏図や楽舞・散楽・雑伎の図を載せた上,ところどころに解説を書き加えたもので,平安時代以降衰退した楽器・演目等の資料として貴重な書である。
→関連項目軽業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android