コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撃墜 ゲキツイ

デジタル大辞泉の解説

げき‐つい【撃墜】

[名](スル)航空機などを撃ち落とすこと。「敵機を撃墜する」
書名別項。→撃墜

げきつい【撃墜】[書名]

柳田邦男によるノンフィクション。副題「大韓航空機事件」。昭和58年(1983)に発生した大韓航空007便のソ連軍による撃事件と、事件にまつわる国際情報戦の内実を描く。昭和59年(1984)、上下2冊で刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げきつい【撃墜】

( 名 ) スル
敵の飛行機を撃ち落とすこと。 「敵機を全機-する」 「 -王」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

撃墜の関連キーワードリヒトホーフェン(Manfred von Richthofen)クリスチャン・アーチボールド ハーターM.フォン リヒトホーフェンルワンダ内戦とフランス戦時中の米軍機墜落ルワンダと民族紛争朝鮮戦争とソ連空軍大韓航空機撃墜事件九大生体解剖事件ブラックボックスルワンダ愛国戦線リヒトホーフェン多弾頭ミサイルルワンダ大虐殺桜花(おうか)U2型機事件ルワンダ内戦ルワンダ虐殺山本五十六河野 富子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撃墜の関連情報