コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫子色 なでしこいろ

色名がわかる辞典の解説

なでしこいろ【撫子色】

色名の一つ。ナデシコ科ナデシコ属植物の花のようなみのある薄い紅色のこと。平安時代から用いられてきた伝統色名。かさね色目いろめの名でもあり、表は紅梅、裏はなど。夏から秋にかけて可憐な花を咲かせ、その一種カワラナデシコの別名が大和撫子。日本女性の美称となっている。秋の七草の一つ。中国から伝わった石竹せきちく別名唐撫子ということから、石竹色とも呼ばれる。和服や和装小物のほか、女性向けのオーディオ機器などの色名にも使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なでしこ‐いろ【×撫子色/瞿麦色】

撫子花弁のような、柔らかい赤紫色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

撫子色の関連キーワード平安時代桃色美称

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android