コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫子色 なでしこいろ

色名がわかる辞典の解説

なでしこいろ【撫子色】

色名の一つ。ナデシコ科ナデシコ属植物の花のようなみのある薄い紅色のこと。平安時代から用いられてきた伝統色名。かさね色目いろめの名でもあり、表は紅梅、裏はなど。夏から秋にかけて可憐な花を咲かせ、その一種カワラナデシコの別名が大和撫子。日本女性の美称となっている。秋の七草の一つ。中国から伝わった石竹せきちく別名唐撫子ということから、石竹色とも呼ばれる。和服や和装小物のほか、女性向けのオーディオ機器などの色名にも使われる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なでしこ‐いろ【×撫子色/瞿麦色】

撫子花弁のような、柔らかい赤紫色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

撫子色の関連キーワード平安時代桃色美称

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撫子色の関連情報