唐撫子(読み)からなでしこ

精選版 日本国語大辞典「唐撫子」の解説

から‐なでしこ【唐撫子】

〘名〙
① 植物「せきちく(石竹)」の異名。《季・夏》
※枕(10C終)一九二「こちたう赤き薄様をからなでしこのいみじう咲きたるに結びつけて、とり入れたるこそ」
② 襲(かさね)の色目。表裏ともに紅色。一説に、表は紫、裏は紅ともいう。夏に着用する。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「からなでしこの唐綾の(うちぎ)一かさね」
③ (古来、かわいらしい女の子をナデシコになぞらえるところから) 唐子(からこ)①のような服装または髪型をした女の子をいうか。
※俳諧・梅翁宗因発句集(1781)追加「黄檗山にて 親なしか唐撫子のちょっこちょこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唐撫子」の解説

から‐なでしこ【唐×撫子】

セキチクの別名。
かさねの色目の名。夏に着用するもので、表裏ともに紅色または唐紅。
[類語]撫子大和撫子石竹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「唐撫子」の解説

唐撫子 (カラナデシコ)

植物。ナデシコ科の多年草,園芸植物。セキチクの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android