播磨中部丘陵県立自然公園(読み)はりまちゅうぶきゅうりょうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

播磨中部丘陵県立自然公園
はりまちゅうぶきゅうりょうけんりつしぜんこうえん

兵庫県南部,市川と加古川の間の丘陵地帯を中心とし,姫路市加西市加古川市小野市の 4市にまたがる県立自然公園。面積 58.95km2。1961年指定。1971年区域変更。標高 200m前後のなだらかな新第三紀層の丘陵とその間に入り込んだ浸食谷からなり,ハイキング適地。見どころは加西市の法華山一乗寺,冬季カモの集来地として有名な小野市の鴨池など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android