コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タツ

デジタル大辞泉の解説

たつ【撻】[漢字項目]

[音]タツ(漢)
うちのめす。むちうって励ます。「鞭撻(べんたつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【農具】より


[整地具]
 穀物の栽培過程で砕土(耙)し,さらに土壌を鎮圧(労)して毛細管現象を強化し,土中の水分を上昇させることが華北乾地農法の基本である。この作業は最初,槌(つい)(耰(ゆう)),板(木斫(もくしやく))の類を使用していたが,牛耕の普及につれて畜力利用の撻(たつ)(柴木を束ねて重石を置いたもの)などの使用をへて,耮(労=木を編んだもの),ややおくれて人字耙(じんじは),方耙などの耙,労おのおのの専門目的を持った農具が出現した。《斉民要術》で新鋭農具のごとく扱われている〈鉄歯榛〉は方耙,人字耙と思われるので,北魏末に耙,労の農具は一応完成の域に達したといえる。…

※「撻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

撻の関連キーワード勉・便・勉・娩・弁・瓣・辨・辯・鞭・駢永福門院(えいふくもんいん)ピョンアンプク(平安北)道チョンジュ(定州)忠君愛国鞭打つ御鞭撻白頭山鞭策定州秦檜鞭笞笞撻宗弼劉予鞭撻撻懶屈産

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android