操觚(読み)そうこ

精選版 日本国語大辞典「操觚」の解説

そう‐こ サウ‥【操觚】

〘名〙 (「觚」は、四角の木札。昔、中国でこれに文字を記したところから) をあやつって詩文を作ること。文筆に従事すること。
※徂徠集(1735‐40)二三・与藪震菴「文章日興、而逢掖之士、以業者何限」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「操觚の士、雲水の客が、の適するに任せ漫游し、耳目を快くするに異なり」 〔陸機‐文賦

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「操觚」の解説

そう‐こ〔サウ‐〕【操×觚】

《「觚」は四角い木札。古代中国でこれに文字を書いたところから》詩文を作ること。文筆に従事すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android