コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支脚 しきゃく standbein

3件 の用語解説(支脚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支脚
しきゃく
standbein

彫刻用語。人体表現において,身体の重みをになうほうの脚を支脚といい,他方を遊脚という。両者の力の均衡はコントラポストの最も本質的要素となる。この人体の重心の問題はギリシアクラシック前期 (前 480頃) の彫刻における中心課題であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

支脚

 3個1組にして使い、土器の支えにします。甕[かめ]でものを煮るために使い、支脚で支えた甕を火にかけます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しきゃく【支脚】

人体立像で、体重がかかる方の脚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支脚の関連キーワードオイリュトミージャコメッティ生体学美術解剖学マイト剞劂既約重み付け身体化障害生体計測

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone