支脚(読み)しきゃく(英語表記)standbein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「支脚」の解説

支脚
しきゃく
standbein

彫刻用語。人体表現において,身体重みをになうほうのを支脚といい,他方を遊脚という。両者の力の均衡コントラポストの最も本質的要素となる。この人体の重心の問題はギリシアのクラシック前期 (前 480頃) の彫刻における中心課題であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「支脚」の解説

し‐きゃく【支脚】

〘名〙 人体立像が片脚に重みをかけ、他の脚を軽く遊ばせて立っているとき、重みのかかっている方の脚をいう。この立像の姿勢をコントラポストという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

防府市歴史用語集「支脚」の解説

支脚

 3個1組にして使い、土器の支えにします。[かめ]でものを煮るために使い、支脚で支えた甕を火にかけます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android