支脚(読み)しきゃく(英語表記)standbein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「支脚」の解説

支脚
しきゃく
standbein

彫刻用語。人体表現において,身体重みをになうほうのを支脚といい,他方を遊脚という。両者の力の均衡コントラポストの最も本質的要素となる。この人体の重心の問題はギリシアのクラシック前期 (前 480頃) の彫刻における中心課題であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「支脚」の解説

し‐きゃく【支脚】

〘名〙 人体立像が片脚に重みをかけ、他の脚を軽く遊ばせて立っているとき、重みのかかっている方の脚をいう。この立像の姿勢をコントラポストという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android