コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支脚 しきゃくstandbein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支脚
しきゃく
standbein

彫刻用語。人体表現において,身体の重みをになうほうの脚を支脚といい,他方遊脚という。両者の力の均衡コントラポストの最も本質的要素となる。この人体の重心の問題はギリシアのクラシック前期 (前 480頃) の彫刻における中心課題であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

防府市歴史用語集の解説

支脚

 3個1組にして使い、土器の支えにします。[かめ]でものを煮るために使い、支脚で支えた甕を火にかけます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しきゃく【支脚】

人体立像で、体重がかかる方の脚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

支脚の関連キーワードポリュクレイトスポリクレイトスかまど(竈)磁山文化巴形銅器福市遺跡湯納遺跡衝立障子コントラ迫撃砲衝立高台

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

支脚の関連情報