改札(読み)カイサツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐さつ【改札】

[名](スル)
駅の出入り口や列車内で、乗客の切符などを調べること。「列車の発着時に改札する」「改札係」
改札口」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいさつ【改札】

( 名 ) スル
駅で、客の乗車券類を検査すること。また、その場所やそれをする人。 「 -口」 「 -係」 「自動-機」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の改札の言及

【自動出改札】より

…鉄道などにおいて,旅客営業の主なる業務の一つである乗車券などの発売(出札),検査・入鋏(にゆうきよう)(改札)および回収(集札)の業務を機械によって自動化すること。出札における自動券売機,乗車券(定期券を含む)印刷発行機,改札における自動改札機,自動精算券売機,精算券印刷発行機などの自動化機械が実用化されている。…

※「改札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改札の関連情報