コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改算記 カイサンキ

デジタル大辞泉の解説

かいさんき【改算記】

江戸時代の和算書。山田正重著。万治2年(1659)刊。それまでの算書の誤りを訂正し、「塵劫記(じんこうき)」に次いで世に流布した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいさんき【改算記】

山田彦左衛門尉正重(生没年不詳)の著した江戸初期の数学書。山田は本書によれば父とともに普請関係の役人をしていたらしい。大和の郡山の人である。出版年は不明であるが,今日伝わる書は1659年(万治2)が初版と思われる。吉田光由が《塵劫記(じんごうき)》(1627)を著作して,初歩から中級程度の入門書として広く読まれたが,《改算記》は《塵劫記》の次にベストセラーとなり,幕末まで愛読された。“塵劫”が数学あるいは珠算の意味に用いられるようになったのに対し,《改算記》はそこまではいかなくとも,《改算塵劫記》のような書名が現れるほどによく知られていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいさんき【改算記】

和算書。山田正重著。1659年刊。江戸時代を通じ、「塵劫記」に次いで広く読まれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

改算記の関連キーワード山田彦左衛門尉正重そろばん橋本正数遺題継承江戸時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android