コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射能年代測定 ほうしゃのうねんだいそくていradiometric dating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射能年代測定
ほうしゃのうねんだいそくてい
radiometric dating

放射性元素の崩壊に要する時間が,きわめて規則的であることを利用した絶対年代の測定。 20世紀後半に入って測定器械や技術の急速な進歩によって,地質年代の決定に重要な役割を果している。おもな方法にはウラン・鉛法 (U-Pb法) ,ルビジウム・ストロンチウム法 (Rb-Sr法) ,カリウム・アルゴン法 (K-Ar法) などがある。質量数 238のウランが崩壊して半分に減少するのに要する時間 (半減期) は 45.1億年,87Rb→87Sr は 488億年,40K→40Ar は 12.6億年である。さらに炭素の同位元素 14C を用いての年代測定法 (ラジオカーボンデーティング ) が完成し,半減期が 5730年であるので,比較的新しい時代の絶対年代測定に広く利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

放射能年代測定の関連キーワードモア・ハンター文化ノン・ノク・タ遺跡先カンブリア時代トケパラ洞窟遺跡テペ・グラン遺跡フン・グエン文化プラカシュ遺跡パダリン洞窟上黒岩遺跡年代測定法放射性元素ニヤ洞穴ビブロス同位元素相対年代地質時代地史

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android