コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射能標識

2件 の用語解説(放射能標識の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

放射能標識

 物質を構成する原子について,放射性の核種を用いることによって物質を標識すること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃのう‐ひょうしき〔ハウシヤノウヘウシキ〕【放射能標識】

放射性物質や放射線の発生装置を使用する区域、また放射性物質を保管する容器などに掲示・付与される産業安全標識。黄色地に紫または黒の三つ葉を配したものが用いられる。三つの葉はそれぞれ、アルファ線ベータ線ガンマ線を表す。
ある物質の移動や変化を追跡するため、放射性同位体を付与すること。または、そのために添加される放射性物質のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射能標識の関連キーワード化学分子容放射性物質化学変化人工放射性核種物質量放射性放射性核種放射性崩壊放射性元素の壊変法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射能標識の関連情報