コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放駒長吉(2) はなれごま ちょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

放駒長吉(2) はなれごま-ちょうきち

浄瑠璃(じょうるり)「双蝶々曲輪(ふたつちょうちょうくるわ)日記」に登場する(きょうかく)。
恩人の息子の駆け落ちをたすけようとしていた力士濡髪(ぬれがみ)長五郎と義兄弟の契りをむすび,長五郎らの手助けをする。作品は竹田出雲(いずも)らの合作。寛延2年(1749)大坂竹本座初演。のち歌舞伎でも上演された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例