コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教仁入道親王 きょうにんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教仁入道親王 きょうにんにゅうどうしんのう

1819-1851 江戸時代後期,孝仁(たつひと)親王の第2王子。
文政2年閏(うるう)4月27日生まれ。光格天皇の養子となる。13年親王となり,天台宗妙法院にはいる。一身阿闍梨(あじゃり)をさずけられ,護持僧となる。天保(てんぽう)12年天台座主(ざす)に任じられた。嘉永(かえい)4年6月9日死去。33歳。俗名は弘保。幼称は健宮(かたのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

教仁入道親王の関連キーワード弘保親王

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android