コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教円 きょうえん

2件 の用語解説(教円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教円 きょうえん

979-1047 平安時代中期の僧。
天元2年生まれ。伊勢守(いせのかみ)藤原孝忠の子。花山法皇,陽生(ようしょう)に師事して天台密教をまなび,奈良で法相(ほっそう)・倶舎(くしゃ)もおさめる。長元6年京都法性寺(ほっしょうじ)八講の講師をつとめ,阿闍梨(あじゃり)に任じられた。長暦(ちょうりゃく)2年大僧都,翌年天台座主(ざす)。永承2年6月10日死去。69歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

教円

生年:生没年不詳
鎌倉時代の律宗の僧。転男教円と呼ばれる唐招提寺覚盛 の弟子であったが,寛元年中(1243~47),覚盛の律宗教団に,男性の比丘僧は備わったが女性の比丘尼が誕生していないという事態の中で,男を転じて性転換して尼となった。教円は故郷に帰って姉に勧めて出家させたが,これが中宮寺信如だという。もとからの女性の比丘尼が誕生したことによって,教円はまた21日後に男に戻った。この教円の性転換のことは,同時代の叡尊も記している。中世律宗における比丘尼誕生がいかに困難をきわめたかを示す秘話であるが,同時に中世に男女両性具有があり得ると考えられたことの象徴的人物であろう。<参考文献>細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教円の関連キーワード円派真言律宗慈善大悲菩薩律家有厳尊如頼玄(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone