教育委員長(読み)キョウイクイインチョウ

デジタル大辞泉の解説

きょういくいいん‐ちょう〔ケウイクヰヰンチヤウ〕【教育委員長】

各都道府県・市町村に設置される教育委員会の長。教育委員互選により選出され、会議を主宰する。教育委員会の事務を司る教育長とは異なる。
[補説]地方教育行政法の改正に伴い、平成27年(2015)4月から、教育長の職務と統合され、新職名は「教育長」となる。新たな教育長は、地方公共団体首長が議会の同意を得て任命する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育委員長の関連情報