互選(読み)ゴセン

デジタル大辞泉の解説

ご‐せん【互選】

[名](スル)
関係者の中からある役に就く人を互いに選挙して選び出すこと。「自治会の役員を互選する」
短歌・俳句の会などで、参加者が互いに他人の作を選ぶこと。「三句ずつ互選をする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごせん【互選】

( 名 ) スル
構成員の中から互いに選挙して選ぶこと。 「委員長は委員がこれを-する」 「 -議員」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐せん【互選】

〘名〙
① 特定の人員の中でいに選挙して選び出すこと。
貴族院多額納税者議員互選規則(明治二二年)(1889)一条「貴族院令第六条に依り貴族院議員を互選する者は」
② 俳句、短歌の会などで、参加者が互いに他人の作の選をすること。
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉一〇「それ等の句は〈略〉例の通り互選(ゴセン)にまはし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

互選の関連情報