コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散禁 サンキン

デジタル大辞泉の解説

さん‐きん【散禁】

律令制で、罪人を縛らず、(かせ)もはめずに一定の場所に閉じ込めておく罰。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の散禁の言及

【禁獄】より

…囚人の逃亡防止などを目的としたもので現行刑法の拘禁に近い。取扱いが比較的緩やかな散禁と,刑具を用いて身体の自由を束縛する禁固の2種があった。重罪の者を特別に長期間禁獄しておくことを長禁といい,別勅による長禁と,八虐罪を犯して死罪になるべきところを死を免じて長禁になった囚人に対しては大赦が適用されなかった。…

※「散禁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

散禁の関連キーワード僧尼令禁獄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android