コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬法門院 けいほうもんいん

2件 の用語解説(敬法門院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敬法門院 けいほうもんいん

1658*-1732 江戸時代前期-中期,霊元天皇の妃。
明暦3年12月30日生まれ。内大臣中御門宗条の娘。東山天皇,福子内親王らの生母。元禄(げんろく)2年(1689)准三宮(じゅさんぐう)となり,正徳(しょうとく)元年(1711)院号をうけた。享保(きょうほう)17年8月30日死去。76歳。名は宗子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

敬法門院

没年:享保17.8.30(1732.10.18)
生年:明暦3.12.30(1658.2.2)
江戸前・中期の后妃。東山天皇の生母。松木宗条の娘。母は河鰭其秀の娘秀子。名は宗子。霊元天皇の後宮に勤仕。当初は朝夕の陪膳などを行っていたという。のち大納言典侍と称した。福子内親王(伏見宮邦永親王御息所),東山天皇,文仁親王らを儲ける。元禄2(1689)年准后となる。霊元上皇の寵妃で,武家伝奏・議奏の人事など政治向きに干渉し,朝廷内の確執の一原因となった。東山天皇,文仁親王が相ついで没したのちの正徳1(1711)年大聖寺宮で俄かに出家。約2カ月後に院号宣下を受けて,敬法門院と称した。墓所は京都清浄華院

(久保貴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敬法門院の関連キーワード閑院宮典仁親王新待賢門院松木満彦嘉喜門院元禄后妃五条の后貞享宝永青綺門院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敬法門院の関連情報