コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサ

3件 の用語解説(嵩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさ【×嵩】

物の大きさ、分量。体積。容積。「荷物のが張る」「水のが増す」
高い所。
「敵の行く前(さき)難所なる山路にては、―より落とし懸けて」〈太平記・一五〉
威厳。貫禄。重み。
「近代は在家の風情皆かはりて、心の―もなく、器量も弱く」〈沙石集・四〉

すう【嵩】[漢字項目]

人名用漢字] [音]スウ(慣) シュウ(漢) [訓]たかい かさ
〈スウ〉
山が高くそびえる。「嵩高(すうこう)
中国の山の名。「嵩山
〈かさ(がさ)〉「嵩高(かさだか)年嵩荷嵩水嵩
[名のり]たか・たかし・たけ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かさ【嵩】

物の大きさや分量。体積や容積。 「 -がはる」 「水-」
人間としての大きさ・厚み。威厳・徳など。 「人の-もなくして、只世に随ひ/沙石 4
高い所。かみて。 「 -より落し懸て/太平記 15
芸の幅や厚み。 「生得の位とは長たけ也。-と申すは別の物也/風姿花伝」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嵩の関連情報