コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサ

デジタル大辞泉の解説

かさ【×嵩】

物の大きさ、分量。体積。容積。「荷物のが張る」「水のが増す」
高い所。
「敵の行く前(さき)難所なる山路にては、―より落とし懸けて」〈太平記・一五〉
威厳。貫禄。重み。
「近代は在家の風情皆かはりて、心の―もなく、器量も弱く」〈沙石集・四〉

すう【嵩】[漢字項目]

人名用漢字] [音]スウ(慣) シュウ(漢) [訓]たかい かさ
〈スウ〉
山が高くそびえる。「嵩高(すうこう)
中国の山の名。「嵩山
〈かさ(がさ)〉「嵩高(かさだか)年嵩荷嵩水嵩
[名のり]たか・たかし・たけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさ【嵩】

物の大きさや分量。体積や容積。 「 -がはる」 「水-」
人間としての大きさ・厚み。威厳・徳など。 「人の-もなくして、只世に随ひ/沙石 4
高い所。かみて。 「 -より落し懸て/太平記 15
芸の幅や厚み。 「生得の位とは長たけ也。-と申すは別の物也/風姿花伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嵩の関連キーワードパイシャー(白沙)ダム鹿児島県大島郡天城町絵馬屋額輔(初代)新潟県村上市庄内町紗央里ちゃんの家ストレッチヤーン人口に膾炙するやなせたかしソン(嵩)山ウーリー加工落栗庵木網エスパルト御嵩[町]絵馬屋額輔コットン紙御嵩(町)大井嵩介入船弘嵩風姿花伝分部光実

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嵩の関連情報