数量景気(読み)すうりょうけいき(英語表記)quantitative boom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数量景気
すうりょうけいき
quantitative boom

価格の上昇によってではなく,取引量がふえることにより企業収益が増加し,景気がよくなる状態をいう。これに対して価格上昇により好景気となるのを価格景気と呼び区別する。物価が安定した形で経済規模が拡大していく最も望ましい状態。日本では 1955,56年の輸出の順調な拡大を主因とする好況時には,消費者物価はもちろん,卸売物価もなんら上昇をみせなかったため,この時期が数量景気の好例としてしばしば引合いに出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すうりょう‐けいき〔スウリヤウ‐〕【数量景気】

価格の上昇によらず、販売量が増大することによって企業収益が増加し、好況になる状態。→価格景気

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すうりょうけいき【数量景気】

物価が上がらなくても、取引量の増加によって景気がよくなる状態。 → 価格景気

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android