コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費者物価 ショウヒシャブッカ

デジタル大辞泉の解説

しょうひしゃ‐ぶっか〔セウヒシヤ‐〕【消費者物価】

全国の消費者が購入する各種の商品やサービスの価格を平均したもの。通常、指数の形で表される。→消費者物価指数

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の消費者物価の言及

【物価】より

…もちろん現実経済に一般的な物価というものが存在するわけではなく,それは統計的な指数(多くの財の価格の平均)によってとらえられるものである。たとえばどのような財の価格を指数に取り入れるかによって,消費者物価指数卸売物価指数,GNPデフレーター等があり,これらはそれぞれ目的に応じて使い分けられている。 さて一般物価水準の変動(その上昇がインフレーションにほかならない)にわれわれが関心をもつのはどのような理由によってであろうか。…

※「消費者物価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

消費者物価の関連キーワードCPI(Consumer price index)企業向けサービス価格指数生産者物価指数(PPI)S. ワイントラーブエスカレーター条項物価指数定期保険日銀展望レポート年金制度改革法案実質貯蓄残高国民生活白書小売物価指数良い物価上昇展望リポートサービス料金消費水準指数卸売物価指数マクロ経済コアCPI生計費指数スライド制

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消費者物価の関連情報