文学少女(読み)ブンガクショウジョ

デジタル大辞泉の解説

ぶんがくしょうじょ【文学少女】[書名]

木々高太郎による短編小説。昭和11年(1936)「新青年」誌に発表。

ぶんがく‐しょうじょ〔‐セウヂヨ〕【文学少女】

文学を愛好する少女。また、文学的雰囲気や夢想・幻想の世界を好む少女。
[補説]書名別項。→文学少女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんがく‐しょうじょ ‥セウヂョ【文学少女】

〘名〙 文学を好み、文学作品の創作をこころざす少女。また、文学的雰囲気や夢想の世界を好むような少女。
※湖畔手記(1924)〈葛西善蔵〉「多少文学少女なのかな?」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文学少女の関連情報