コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文宝亭文宝 ぶんぽうてい ぶんぽう

1件 の用語解説(文宝亭文宝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文宝亭文宝 ぶんぽうてい-ぶんぽう

1768-1829 江戸時代中期-後期の狂歌師。
明和5年生まれ。江戸飯田町の茶商。大田南畝(なんぽ)(初代蜀山人)に書と狂歌をまなぶ。文政12年3月22日死去。62歳。姓は今井。通称は亀屋久右衛門。別号に食山人,散木,蜀山人(2代)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

文宝亭文宝の関連キーワード羅城池田治道伊東学而岸貞江祇丞(2代)交寛美三鍼樗雲津田外記蘭室

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone