コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十返肇 とがえりはじめ

3件 の用語解説(十返肇の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

十返肇【とがえりはじめ】

評論家,小説家。本名一(のち肇)。高松市生れ。日大芸術科卒。在学中より《文芸機構》などに作品発表,行動主義文学運動に参加し新進評論家として認められる。《時代の作家》を出版。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十返肇 とがえり-はじめ

1914-1963 昭和時代の文芸評論家。
大正3年3月25日生まれ。十返千鶴子の夫。昭和16年「時代の作家」で注目される。戦後は文壇通として「贋(にせ)の季節」「実感的文学論」などの文芸時評に活躍,社会戯評にも筆をふるった。小説に自伝的長編「最初の季節」など。昭和38年8月28日死去。49歳。香川県出身。日大卒。本名は一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十返肇
とがえりはじめ
(1914―1963)

評論家、小説家。本名一(はじめ)。高松市に生まれる。日本大学芸術科卒業。若年から佐藤春夫の文学に耽溺(たんでき)、1941年(昭和16)に評論集『時代の作家』を書き下ろし出版した。第二次世界大戦後、自伝小説『最初の季節』(1956)をはじめ小説も多いが、むしろ軽妙な筆による文芸評論、社会評論に出色をみせた。著書に『現代文学白書』(1955)、『筆一本』(1956)、『文壇の崩壊』(1957)、『十返肇の文壇白書』(1961)、『けちん坊』(1962)、『文壇放浪記』(1962)、『実感的文学論』(1963)などがある。[古木春哉]
『『十返肇著作集』上下(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十返肇の言及

【文芸時評】より

…明治中期の内田魯庵,石橋忍月による先駆的な仕事をうけつぐ形で,明治末から昭和にかけては,近松秋江,正宗白鳥,佐藤春夫,広津和郎その他が,この分野を拡大してきた。そして,1922年以来20年間にわたって文芸時評を続けた川端康成と,33年ごろから約30年間月評家をもって鳴らした十返肇(1914‐63)が文壇の生き証人,目撃者の立場をとった現場主義的な批評を代表し,1930年から文芸時評をはじめた小林秀雄や,35年から新鋭として認められた中村光夫(1911‐88)らが,原理的批評を代表することになる。なお,80‐82年に発表された吉本隆明(1924‐ )の文芸時評は,文学創造の本質を把握したものとして高く評価された。…

※「十返肇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十返肇の関連キーワード小林秀雄伊藤至郎川村二郎高山毅田野辺薫寺岡峰夫丸山静武蔵野次郎矢崎弾渡辺澄子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone