コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文金高島田 ブンキンタカシマダ

大辞林 第三版の解説

ぶんきんたかしまだ【文金高島田】

女の髪形の一。島田髷まげの根を高くして、優美にしたもの。現在では、婚礼のときなどに結う。文金島田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の文金高島田の言及

【島田髷】より

…一般に髷の根が高い結い方を品格ありとして武家階級の女性に結われ,根の低い髷は粋筋に好まれた。現代の花嫁が用いる文金高島田は,武家風の流れを汲むものである。島田髷は古代の埴輪人物像にもみられ,結髪の原点ともいえる。…

【根掛】より

…元禄期(1688‐1704)には大島田が流行し,その影響で根掛も幅広のものをはでに結ぶ風が起きている。また,御殿,一般でそれぞれ根掛の飾り方が違い,娘や花街の妓には色紙に箔散らしなどが好まれ,花嫁の文金高島田には,金銀や紅白が用いられている。幕末から明治にかけては彫金や透彫で模様を施した金属のものが流行した。…

※「文金高島田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

文金高島田の関連キーワード角隠し島田髷高島田根掛婚礼

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文金高島田の関連情報