コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島田 タカシマダ

大辞林 第三版の解説

たかしまだ【高島田】

女性の日本髪の結い方の一。島田髷の根を高くあげて結う。高髷。御殿女中などが結ったが明治以降若い女性の正装となった。 → 文金高島田

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高島田
たかしまだ

高島田髷(まげ)の略称。江戸時代中期以降から、嫁入り前の女性の髪形であり今日では和装の花嫁の髪形。島田髷は江戸初期から行われたが、江戸中期、男子に文金風(ぶんきんふう)という服装が流行し、それは髪の根を高くし、長羽織、刀を落し差しにする身なりで、当時はこの姿を斬新(ざんしん)とした。この風潮が、女性の間に取り入れられ、島田髷の根を高くして高島田とよんだ。上方(かみがた)(関西)ではこの島田を山高といった。また、髷先も江戸末期になると大きさを増した。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高島田の関連キーワード文金島田結上げる針打ち角隠し鐘ヶ岬結綿結髪根掛素踊文金

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高島田の関連情報