斉藤金作(読み)さいとう きんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉藤金作 さいとう-きんさく

1903-1969 昭和時代の刑法学者。
明治36年2月6日生まれ。草野豹一郎にまなぶ。昭和17年母校早大の教授となり,刑事法学を担当した。31年第一法学部長。昭和44年11月25日死去。66歳。埼玉県出身。著作に「刑事訴訟法」「共犯理論の研究」など。
【格言など】形あるものは必ず滅ぶものだ。だからこそ人生は貴くも美しいのだよ。そしてこれが刑法の基礎なのだ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android