コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤兼蔵 さいとう かねぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤兼蔵 さいとう-かねぞう

1850-1907 明治時代の古書店主。
嘉永(かえい)3年生まれ。戊辰(ぼしん)戦争では箱館五稜郭で新政府軍とたたかう。のち東京神田でニコライ堂の委託で聖書を販売し,バイブルと綽名(あだな)された。ついで下谷で和漢書の古書店琳琅(りんろう)閣をひらき,古書の評価の正確さで知られた。明治40年12月死去。58歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤兼蔵の関連キーワード明治時代嘉永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android