コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤勝広 さいとう かつひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤勝広 さいとう-かつひろ

1840-1910 明治時代の農事改良家。
天保11年2月15日生まれ。明治15年郷里島根県梅月村(益田市)の自宅で農談会をはじめ,農業知識の普及をはかる。生涯を農産物品種改良や農村生活改善の指導につとめた。桜島大根を改良した品種は「斎藤大根」とよばれた。明治43年8月20日死去。71歳。著作に「農業方法」「林業の方法」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android