コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜島大根 サクラジマダイコン

4件 の用語解説(桜島大根の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さくらじま‐だいこん【桜島大根】

ダイコンの一品種。桜島で栽培され、根は球形で大きく、3~5キロにもなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

桜島大根

平均的なサイズ胴回り約1メートル、重さ8キロほど。03年に取れた重さ31.1キロ、胴回り1.19メートルのものが世界最大の大根としてギネスブックに登録されている。大正時代は45キロのものが取れたという記録もあるという。

(2006-05-26 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

桜島大根

鹿児島県鹿児島市で生産されるダイコン。大きさは平均7~10kg、大きなもので20~30kgにもなる。世界最大種としてギネスブックにも登録された。肉質は緻密で柔らかく、甘みがあり、煮物にも生食にも向く。起源の定説は不明だが、18世紀に既に栽培されていた記録がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さくらじまだいこん【桜島大根】

ダイコンの一品種。桜島原産。ダイコンとしては世界最大種。球形で、直径60センチメートルにも達する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜島大根の関連キーワード鹿児島県鹿児島市鴨池鹿児島県鹿児島市城山鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市大黒町鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市中町鹿児島県鹿児島市永吉鹿児島県鹿児島市南栄鹿児島県鹿児島市浜町鹿児島県鹿児島市原良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜島大根の関連情報