コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田市 ますだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益田〔市〕
ますだ

島根県西部,日本海沿岸と中国山地の間に広がる市。西は山口県,東は広島県に接する。 1952年益田町と安田村,北仙道村,豊川村,豊田村,高城村,小野村,中西村の7村が合体して市制。 1955年鎌手村,種村,真砂村,二条村,美濃村の5村を編入。 2004年美都町と匹見町を編入。中心は益田,高津,吉田の3地区で,益田は中世末期益田氏の城下町として,高津は柿本人麻呂をまつる柿本神社の門前町,津和野藩の門戸港として,吉田は国鉄 (現 JR) 山陰本線開通後の官公庁街として発展。鳥取県西半部の商業中心地でベニヤ板製造,製材,木工などの工場があり木材の集散地。畳表 (石見表) ,扇子の骨,桐下駄などの伝統工業もある。海岸の砂丘地では野菜やブドウを,山間部ではユズ,シイタケ,ワサビを栽培。雪舟終焉の地とされ,医光寺,万福寺にはそれぞれ雪舟庭園 (国指定史跡・名勝) が残る。市街地北部にはスクモ塚古墳 (国指定史跡) ,また高津連理のマツ,唐音の蛇岩 (いずれも国の天然記念物) があり,蟠竜湖一帯は蟠竜湖県立自然公園に属する。南東部の匹見峡西中国山地国定公園に属する景勝地。 JR山陰本線が通じ,益田駅で山口線が分岐。国道9号線と 191号線,488号線が交差する交通の要地。面積 733.19km2。人口 4万7718(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ますだ‐し【益田市】

益田

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

益田市の関連キーワード島根県益田市美都町宇津川島根県益田市美都町板井川島根県益田市あけぼの本町島根県益田市あけぼの西町島根県益田市あけぼの東町島根県益田市美都町久原島根県益田市美都町笹倉島根県益田市美都町丸茂島根県益田市美都町三谷島根県益田市美都町朝倉島根県益田市美都町仙道島根県益田市美都町小原島根県益田市匹見町澄川島根県益田市匹見町落合島根県益田市匹見町広瀬島根県益田市匹見町石谷島根県益田市匹見町紙祖島根県益田市喜阿弥町島根県益田市下本郷町島根県益田市上黒谷町

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

益田市の関連情報