コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤巍洋 さいとう たかひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤巍洋 さいとう-たかひろ

1902-1944 大正-昭和時代前期の水泳選手。
明治35年生まれ。立大在学中の大正12年第6回極東選手権競技大会100ヤード背泳に優勝。翌年のパリ五輪に参加。卒業後「毎日新聞」運動部記者,のち水泳技術の指導にあたった。昭和19年9月5日マニラで戦病死。43歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤巍洋の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門レジスタンス文学鶴沢道八(1世)カミュスタージェスもの派正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android