コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高石勝男 たかいしかつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高石勝男
たかいしかつお

[生]1906.10.14. 大阪
[没]1966.4.13. 東京
水泳選手。1930年早稲田大学卒業。1924年パリ・オリンピック競技大会に出場し,100mと 1500mの自由形でそれぞれ 5位となり,日本水泳界初のオリンピック入賞を果たした。1928年アムステルダム大会では 100m自由形 3位,800mリレー 2位,1932年ロサンゼルス大会にも主将として出場した。1961~64年日本水泳連盟会長。1924年ヘルムズ賞受賞。主著『水泳日本』(1934,木村象雷と共著)。(→アムステルダム・オリンピック競技大会ロサンゼルス・オリンピック競技大会

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高石勝男【たかいしかつお】

水泳選手。大阪府出身,早稲田大学卒業。1924年のパリオリンピックで100m自由形,1500m自由形に各5位(日本初の水泳入賞)。1928年アムステルダムオリンピックでは100m自由形3位で銅メダルを獲得した。
→関連項目クロール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高石勝男 たかいし-かつお

1906-1966 大正-昭和時代の水泳選手,指導者。
明治39年10月14日生まれ。自由形水泳選手として大正13年パリ,昭和3年アムステルダム,7年ロサンゼルスと3度のオリンピックに出場。36年から39年東京五輪まで日本水泳連盟会長。昭和41年4月13日死去。59歳。大阪出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかいしかつお【高石勝男】

1906‐66(明治39‐昭和41)
オリンピックで活躍した水泳選手。大阪府出身,早稲田大学卒業。茨木中学時代から自由形のホープとなり,1924年第8回オリンピック・パリ大会に出場,100m,1500m自由形各5位で日本水泳界最初のオリンピック入賞者となった。28年第9回アムステルダム大会では100m3位,32年第10回ロサンゼルス大会にも水泳チーム主将として出場した。後年,芦屋海岸に水錬学校を設立し,水泳の普及に努めた。日本水泳連盟会長,東京オリンピック強化対策委員長を歴任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

高石勝男の関連キーワードアムステルダムオリンピック(1928年)パリオリンピック(1924年)斎藤 巍洋杉本 伝昭和時代指導者杉本伝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android