コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤平吉 さいとう へいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤平吉 さいとう-へいきち

1892-1983 大正-昭和時代の化学者。
明治25年10月6日生まれ。斎藤邦吉(くにきち)の兄。久原(くはら)鉱業(のち日本鉱業)勤務をへて,昭和31年早大教授となり,35年同大理工学研究所長。非鉄金属選鉱,精錬の研究で知られる。熱秤分析法の研究により大正15年学士院東宮御成婚記念賞。昭和58年10月26日死去。91歳。福島県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤平吉の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android