斎藤彦内(読み)さいとう ひこない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤彦内 さいとう-ひこない

1709-1750 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
宝永6年生まれ。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)長倉村の農民。寛延2年凶作にもかかわらず幕府が増税をおしつけたため,一揆回状(天狗回状)を信夫(しのぶ)郡,伊達郡68ヵ村にまわし,1万7000人を動員して桑折(こおり)代官所に強訴。首謀者のひとりとして,寛延3年7月死罪となった。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤彦内

没年:寛延3.7(1750)
生年:宝永6(1709)
江戸中期,奥州彦内騒動の頭取,義民。伊達郡長倉村(福島県伊達郡伊達町)組頭。寛延2(1749)年9月桑折代官所支配の信夫・伊達郡68カ村は宮代村(福島市)山王社で年貢減免,延納願いなどを協議し,彦内,鎌田村(福島市)源七,伊達崎村(伊達郡桑折町)半左衛門を頭取に選出した。12月強訴におよんだが,代官所は福島・仙台藩の加勢で一揆勢を鎮圧,翌年7月頭取3人は村境の桑折村(桑折町)産ケ沢で死罪となった。現在伊達町福源寺境内に墓と義民堂,薬師寺境内に大正7(1918)年「義民蓬田半左衛門・斎藤彦内・猪狩源七之碑」,処刑地に昭和54(1979)年「寛延義民蓬田半左衛門・斎藤彦内・猪狩源七顕彰碑」がある。<参考文献>『伊達町史』3巻

(阿部俊夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android