コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤昌三 さいとう しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤昌三 さいとう-しょうぞう

1887-1961 大正-昭和時代の書物研究家,著述家。
明治20年3月19日生まれ。大正13年から神奈川県茅ケ崎にすみ,雑誌「いもづる」「書物往来」などを創刊。昭和6年書物展望社を設立。「現代日本文学大年表」(改造社版)を編集した。昭和36年11月26日死去。74歳。神奈川県出身。名ははじめ政三(しょうぞう)。号は未鳴,少雨荘(叟)など。著作に「書物誌展望」「書痴の散歩」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤昌三の関連キーワード昭和時代著述家

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android