斎藤秋圃(読み)さいとう しゅうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秋圃 さいとう-しゅうほ

1769-1861 江戸時代後期の画家。
明和6年生まれ。加賀(石川県)の人。円山応挙らにまなび,のち長崎で清(しん)(中国)の江稼圃(こう-かほ)の画風に影響をうけた。文化2年筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩主黒田長舒(ながのぶ)にまねかれて絵師をつとめた。鹿の絵を得意とした。筑前四大画家のひとり。文久元年10月16日死去。93歳。姓ははじめ葵,池上。名は相行。通称は市太郎,惣右衛門。別号に葦行,双鳩など。著作に「葵氏(きし)艶譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android