コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤秋圃 さいとう しゅうほ

1件 の用語解説(斎藤秋圃の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秋圃 さいとう-しゅうほ

1769-1861 江戸時代後期の画家。
明和6年生まれ。加賀(石川県)の人。円山応挙らにまなび,のち長崎で清(しん)(中国)の江稼圃(こう-かほ)の画風に影響をうけた。文化2年筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩主黒田長舒(ながのぶ)にまねかれて絵師をつとめた。鹿の絵を得意とした。筑前四大画家のひとり。文久元年10月16日死去。93歳。姓ははじめ葵,池上。名は相行。通称は市太郎,惣右衛門。別号に葦行,双鳩など。著作に「葵氏(きし)艶譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎藤秋圃の関連キーワード宋紫岡大岡嘯川小倉東渓木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄中川墨湖根本愚洲村梅岳

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤秋圃の関連情報