コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤秋圃 さいとう しゅうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秋圃 さいとう-しゅうほ

1769-1861 江戸時代後期の画家。
明和6年生まれ。加賀(石川県)の人。円山応挙らにまなび,のち長崎で清(しん)(中国)の江稼圃(こう-かほ)の画風に影響をうけた。文化2年筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩主黒田長舒(ながのぶ)にまねかれて絵師をつとめた。鹿の絵を得意とした。筑前四大画家のひとり。文久元年10月16日死去。93歳。姓ははじめ葵,池上。名は相行。通称は市太郎,惣右衛門。別号に葦行,双鳩など。著作に「葵氏(きし)艶譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤秋圃の関連キーワードカナダ文学炭酸塩岩脈文久大谷友右衛門大谷友右衛門桂川甫周綿織物工業ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤秋圃の関連情報