コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江稼圃(読み)こうかほ

美術人名辞典の解説

江稼圃

清代の画家。浙江省臨安生。名は泰交、字は連山・大来。文化元年(1804)に来舶し、以後数回来日、菅井梅関鉄翁祖門木下逸雲らが彼に師事した。梅関の号は稼圃より梅の図を送られたことに由来する。来舶四大家の一人である。黄公望風の山水画を能くし、化政以後の日本南画に与えた影響は大きく来舶四大家の一人に数えられる。嘉慶20年(文化12・1815)に存命。没年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江稼圃 こう-かほ

?-? 清(しん)(中国)の画家。
文化元年(1804)以来,長崎にしばしば渡来。菅井梅関(ばいかん)や木下逸雲,鉄翁(てっとう)祖門らに文人画をおしえた。大田南畝(なんぽ)らとも交遊があった。杭州出身。名は泰交。字(あざな)は大来。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうかほ【江稼圃 Jiāng Jià pǔ】

中国,清代の画家。江戸時代唯一の外国船寄港地であった長崎を中心に外来美術の影響のもとに成立した長崎派画人の一人。名は大来,字は連山,稼圃はその号。浙江省杭州臨安の出身。1804年(文化1)来日し,以後たびたび渡航して版本に親しむほか,画を学ぶ方法のなかった日本の文人画家を啓発した。1720年(享保5)来航した伊孚九(いふきゆう)と同じく,当時のどの正統的な画派にも属さぬ,やや形式的な山水画を描いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江稼圃
こうかほ
Jiang Jia-pu

中国,清の文人画家。臨安 (浙江省) の人。名は大来,字は連山 (一説に名は泰交,字は大来) ,号は稼圃。文化1 (1804) 年以来しばしば来日し,長崎で文人画の指導を行い,日本画壇が南宗画系山水画を学び取る端緒となった。中国よりも日本において著名。主要作品『渓山飛泉図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の江稼圃の言及

【長崎派】より

…精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。(4)南宗画(文人画)派も伊孚九(いふきゆう),費漢源,江稼圃(こうかほ)らの来日中国画人に負うところが多い。長崎に来航する中国商船の乗員には,当時中国で流行していた南宗画をよくする者が多かったが,当時の日本の画人はまだ中国の南宗画に接する機会が少なく,彼らの影響により,池大雅や与謝蕪村らの日本南画が興った。…

※「江稼圃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる