コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤香玉 さいとう こうぎょく

2件 の用語解説(斎藤香玉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤香玉 さいとう-こうぎょく

1814-1870 江戸時代後期の画家。
文化11年生まれ。10歳から渡辺崋山(かざん)にまなび,門下の十哲のひとりにかぞえられた。崋山没後は佐竹永海に師事し,のち旗本の松下次郎太郎と結婚した。明治3年3月29日死去。57歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名はよの。別号に聴鶯。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤香玉

没年:明治3.3.29(1870.4.29)
生年:文化11(1814)
幕末明治初期の画家。上野国緑野郡緑野村(群馬県藤岡市)に,郷士斎藤一之進の3女として生まれる。名は世濃。父はのち江戸に移り旗本浅倉播磨守の用人となった。香玉は10歳前後で渡辺崋山の門人となって絵を学び,後年崋山十哲のひとりに数えられた。のちに旗本松下次郎太郎に嫁したが,それ以後筆技が衰えたといわれる。崋山の画法を忠実に守った手堅い描写を特色とする。崋山没後は佐竹永海に入門した。東京・入谷の威応寺に埋葬された。<参考文献>板橋区立美術館『江戸の閨秀画家展/図録』

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤香玉の関連キーワード柴秋邨鈴木守一上野三碑緑野川口緑野木村九蔵出三澄井右馬亮萩原緑野堀越三右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone