斎藤鶴磯(読み)さいとう かくき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤鶴磯 さいとう-かくき

1752-1828 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦2年生まれ。江戸の人。武蔵(むさし)所沢(埼玉県)にすみ,武蔵野の歴史地理に関する先駆的研究書「武蔵野話」をあらわした。文政11年2月7日死去。77歳。名は敬夫。字(あざな)は之休。通称は宇八郎。別号鶴城。著作はほかに「女孝経補注」「干支考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android