コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斐紙 ヒシ

百科事典マイペディアの解説

斐紙【ひし】

雁皮紙(がんぴし)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斐紙
ひし

ガンピ(雁皮)などのジンチョウゲ科植物の靭皮(じんぴ)繊維を主原料として漉(す)かれた古代の和紙。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斐紙の言及

【雁皮紙】より

…したがって,大量の製紙が困難なため,雁皮紙の生産は,元来は多いものではなかった。 古代において,雁皮紙は斐紙(ひし)とよばれていた。正倉院に残る紙の調査によれば,ガンピのみですく場合よりも,コウゾと混合してすく場合が多い。…

※「斐紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

斐紙の関連キーワード流し漉き書誌学三椏紙鳥の子継色紙薄様厚紙和紙麻紙

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android