コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁皮 ガンピ

デジタル大辞泉の解説

がん‐ぴ【×雁皮】

ジンチョウゲ科の落葉低木。暖地に多い。高さ約1.5メートル。葉は卵形。夏、筒形の薄黄色の小花が集まって咲く。樹皮の繊維はの原料となる。 花=夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんぴ【雁皮】

ジンチョウゲ科の落葉低木。暖地の山に自生し、高さ約2メートル。葉は絹毛があり、卵形。夏、枝頂にジンチョウゲに似た円筒状の黄花を開く。樹皮の繊維を製紙の原料とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雁皮の関連キーワード岩野 平三郎(1代目)サクラガンピジンチョウゲ斐伊川和紙近江雁皮紙出雲民芸紙厚様・厚葉修善寺紙鳥の子紙手漉き紙土佐和紙広瀬和紙谷野剛惟今井箋斎キガンピ生漉き雁皮紙鳥の子水玉紙三椏紙

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雁皮の関連情報