コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑斑 ハンパン

3件 の用語解説(斑斑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぱん【斑斑】

[ト・タル][文][形動タリ]まだらであるさま。色・模様などが入りまじるさま。
「身に―たる若葉の影を帯びつつ」〈蘆花自然と人生

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はんぱん【斑斑】

( トタル ) [文] 形動タリ 
まだらなさま。まじりあっているさま。 「我衣は-として雪を被れる如くぞなりぬる/即興詩人 鷗外

ほどろほどろ【斑斑】

( 形動ナリ )
「ほどろ」を重ねた語。 「沫あわ雪の-に降り敷けば/万葉集 1639

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斑斑の関連キーワード婉然峨峨些些瑣瑣蕭疎叢叢渺乎悠然牢乎牢固