コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はだら ハダラ

15件 の用語解説(はだらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はだら

[名・形動]
(「斑」とも書く)雪などが不規則に濃淡になっているさま。まだら。
「川岸の―に消えかかった道を行った」〈犀星幼年時代
はだれ」に同じ。
「夜を寒み朝戸を開き出で見れば庭も―にみ雪降りたり」〈・二三一八〉

はん【斑】

まだら。ぶち。「白に黒いのある犬」

はん【斑】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハン(漢) [訓]まだら ふ ぶち
地と違う色の部分が入りまじった模様。また、その部分。まだら。「斑点斑斑(はんぱん)斑紋一斑虎斑(こはん)死斑紫斑白斑蒙古斑(もうこはん)
[難読]斑鳩(いかる)斑鳩(いかるが)雀斑(そばかす)虎斑(とらふ)斑猫(はんみょう)

ふ【斑】

まだら。ぶち。「の入った鯉」

ぶち【斑/×駁/×駮】

《古くは「ふち」か》地色と異なった色がまだらになって入っていること。また、そのような毛並みの動物。「―の犬」

まだら【斑】

[名・形動]
違った色が所々にまじっていたり、色に濃淡があったりすること。また、そのものや、そのさま。ぶち。「黒と白のな(の)猫」
(比喩的に)ある現象が現れたり、現れなかったりすること。はっきりした部分とそうでない部分があること。また、そのさま。「時間の経過とともに記憶がになる」→まだら呆け

むら【斑】

[名・形動]
色の濃淡、物の厚薄などがあって一様でないこと。また、そのさま。まだら。「なく塗る」「染め上がりにな部分ができた」
物事がそろわないこと。一定していないこと。また、そのさま。「製品の出来にがある」「な天候に予定が狂う」
気が変わりやすいこと。また、そのさま。「な性格」「気(き)」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はだら【斑】

( 形動ナリ )
はだれ 」に同じ。 「庭も-にみ雪降りたり/万葉集 2318

はだれ【斑】

( 形動ナリ )
雪がはらはらと降るさま。また、うっすらと一面に積もるさま。はだら。 「冬の夜の庭も-に降る雪の/古今 雑体」 「沫雪か-に降ると見るまでに/万葉集 1420
( 名 )
「斑雪はだれゆき」の略。 「笹の葉に-降り覆ひ消なばかも/万葉集 2337

ふ【斑】

ぶち。まだら。 「白地に黒い-のある猫」

ほどろ【斑】

( 形動ナリ )
雪がはらはらと降るさま。また、雪がまだらに降り積もるさま。はだら。 「沫あわ雪降れり庭も-に/万葉集 2323

まだら【斑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
種々の色が入りまじっている・こと(さま)。また、その模様。色の濃淡や斑入ふいりについてもいう。ぶち。 「壁が-にはげる」 「 -な雪道」 「 -犬」 「 -牛」
(比喩的に)異なる種類のものが斑入りの模様のように重ならずに分布している・こと(さま)。 「実施の状況は-模様だ」

むら【斑】

( 名 ・形動 )
染めた色が一様でなく、濃い部分、薄い部分がある・こと(さま)。まだら。 「 -な染め上がり」 「染め-」 「色-」
物事の仕上がりなどがそろっていないこと。ふぞろいであること。また、そのさま。 「 -のある仕事」 「成績に-がある」 「各科目が-なくできる」
気分・天気などが安定せず変わりやすいこと。 「 -のある気質」

もどろ【斑】

( 名 ・形動ナリ )
まだらなさま。 「みかりする垣のねずりの衣手に乱れ-にしめるわが恋/経信集」 → しどろもどろ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のはだらの言及

【染色】より

…しかし,布片の遺物はあっても,今のところ繊維に対する染色の事実を証明するものはない。それが明らかになるのは古墳時代になってからだが,《魏志倭人伝》によると,魏の景初3年(239)倭の女王から男女10人と斑布2匹2丈が魏王に献じられ,魏王からは赤や青の錦や絹,小文様の紋染のフェルトをはじめ,金や刀や鏡,朱,鉛丹など多くの品物が倭の女王へ贈られ,それから4年後の正始4年(243)には再び倭王から倭錦や赤や青の絹等を貢物としたことが記されている。これらの記事によって,弥生時代後半には,すでにさまざまな錦や彩絹(いろぎぬ)がつくられていたことがわかるが,錦といえば,少なくとも2,3色の彩糸でなんらかの文様を織り出したものであろうし,また赤や青の絹も,それらの色に染めた絹と解される。…

※「はだら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

はだらの関連キーワード色調藍絵グラビア厚薄深浅染め斑濃淡比色モノトーン織り斑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はだらの関連情報