斜に構える(読み)シャニカマエル

  • しゃ
  • に 構(かま)える
  • はす
  • 斜(しゃ)に構・える
  • 斜(はす)に構・える

デジタル大辞泉の解説

剣道で、刀を斜めに構える。
身構える。改まった態度をする。
「風上へ―・え、糸のように目を細くして立ち竦んでいる」〈里見弴多情仏心
物事に正対しないで、皮肉やからかいなどの態度で臨む。「世間に対して―・える」
[補説]このの場合、「」を「ななめ」とは読まない。
斜(しゃ)に構える」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

剣道で、刀を敵に対して斜ななめに構える。
物事に正面から接するのでなく、ことさらずれた対応の仕方をする。 - ・えた態度
物事に対して十分に身構える。改まった態度をとる。 伴蔵は蚊帳の中に-・へて待て居る/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 剣術で、両手に刀の柄(つか)を持ち、剣先をまっすぐ相手に向けないで、ななめに構える。転じて、手にした武器、得物などをななめに持って身構える。
※咄本・一休咄(1668)一「左には鯉のほそくびひんにぎり、右にはながたなをしゃにかまへて」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉破調「『短いセレナードでも弾きませう』と叉(シャ)に構へた弓(きう)が弦に触るるや否」
② しっかりと身構える。妙に改まった態度をする。おつに気取る。
※浮世草子・傾城武道桜(1705)四「『いざ御立』とこたへしかば、一角といゑる男しゃにかまへてぞ出でたり」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「湯どのより出づるらう下の中の間に、しゃにかまへたる彼の鬼兵衛」
③ まっすぐなものに対して、ななめに交差する。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一二「只真直(まっすぐ)な短い枝に、真直な短い枝が、ある角度で衝突して、斜に構へつつ」
④ 物事に正面から対処しないで、皮肉、からかい、遊びなどの態度で臨む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android