斜に構える(読み)シャニカマエル

デジタル大辞泉の解説

斜(しゃ)に構・える

剣道で、刀を斜めに構える。
身構える。改まった態度をする。
「風上へ―・え、糸のように目を細くして立ち竦んでいる」〈里見弴多情仏心
物事に正対しないで、皮肉やからかいなどの態度で臨む。「世間に対して―・える」
[補説]この句の場合、「」を「ななめ」とは読まない。

斜(はす)に構・える

斜(しゃ)に構える」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃにかまえる【斜に構える】

剣道で、刀を敵に対して斜ななめに構える。
物事に正面から接するのでなく、ことさらずれた対応の仕方をする。 「 - ・えた態度」
物事に対して十分に身構える。改まった態度をとる。 「伴蔵は蚊帳の中に-・へて待て居る/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斜に構えるの関連情報