コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜交ドリフティング しゃこうドリフティングcross drifting

岩石学辞典の解説

斜交ドリフティング

小規模の斜交層理(cross-lamination)で,主な堆積面に斜めに直線的に形成されるもので,この原因は漣痕ドリフト(ripple drift)に関係している[Hemingway & Clarde : 1963].英語のdriftには推進力,漂流などの意味があり,地質的には風化して細粒化した岩石の堆積物である漂礫や,大陸氷河によって運ばれ分級せずに堆積した漂礫土などに用いられる[ランダムハウス : 1994].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

斜交ドリフティングの関連キーワード斜交成層国際赤十字Knight Grand Cross of the Order of the British Empire偽層斜交層理杉綾状斜交層理セット板状斜交成層複合斜交層理フュリアス斜交葉理

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android