コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斤先掘 きんさきぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斤先掘
きんさきぼり

おもに石炭鉱業経営において使われる用語で,鉱業権者以外の第三者が,鉱区の一部で石炭を採掘,取得することをさす。鉱業権者と斤先掘を行う者との間に金銭あるいは出炭の一定量を対価として支払うことなどを決めた契約を斤先掘契約という。この契約は一種の鉱業権の賃貸借であるが,鉱業法では鉱業権の賃貸借を禁じており,法律に違反した契約である。しかし,油田鉱における共同井,金鉱山における自稼 (じかせぎ) などと同様に,斤先掘は古くから広く行われてきた慣行であったため,鉱業法の改正により租鉱権として法的に公認され制度化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

斤先掘の関連キーワード斤先掘り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android