コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租鉱権 ソコウケン

5件 の用語解説(租鉱権の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そこう‐けん〔ソクワウ‐〕【租鉱権】

他人の鉱区または鉱床において、契約に基づいて鉱物を採取する権利。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

租鉱権【そこうけん】

他人の一定の鉱区または鉱床において鉱物を採取する権利。鉱業法に基づき,採掘権者との契約により,通商産業局長の認可を受けて登録することにより成立。物権とみなされ不動産の規定が準用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そこうけん【租鉱権】

日本の鉱業経営においては,鉱業権者自身による鉱物の掘採・取得のほかに,古い時代から,斤先掘(きんさきぼり)契約,自稼掘,共同井などと呼ばれる鉱業権者と第三者との契約により,特定の対価のもとに第三者による鉱物の掘採・取得を認める慣行が行われてきた。このような鉱業権の賃貸借類似の契約慣行は,旧鉱業法(1905公布)上,また判例上も無効とされたが,現実にはむしろ増加していき,とくにその傾向は石炭鉱区で顕著であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そこうけん【租鉱権】

他人の鉱区または鉱床で鉱物を採取する権利。採掘権者との契約に基づき、当該官庁の認可を受け、登録して成立する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

租鉱権
そこうけん

鉱業権者でない者が、鉱業権者との契約に基づき、鉱区内の一定区域(租鉱区)において、鉱物を掘採し、取得する権利。通商産業局長の認可を受け、登録することを要し、認可は、残鉱の掘採その他鉱区の一部を経済的に開発する必要がある場合にだけ認められる。原則として、同一鉱区の同一区域には2以上の租鉱権を設定できない。租鉱権は物権とみなされ、不動産に関する規定が準用される。存続期間は10年以内で、延長は1回限り5年以内とし、他人への譲渡、抵当権の設定が禁止される。鉱業は鉱業権者自ら行うべきで、他人の鉱業権を賃貸借する、いわゆる斤先掘(きんさきぼり)契約は、鉱業経営に対する国の監督を困難にし、鉱業に伴う責任の所在を不明確にする弊害があったので、私法上無効な契約とされていた。しかし斤先掘は古くから慣行上広く行われ、当局も経済的必要からこれを黙認せざるをえず、第二次世界大戦中・戦後には特別法で使用権として認め、活用した。鉱業法はこれを租鉱権として新しく制度化したのである。[宮田三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

租鉱権の関連キーワード鉱業権鉱業財団鉱区鉱区税採掘権試掘権鉱業抵当鉱工業農業所得農業経営者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone